ジューンブライド(June bride)の意味とウエディング演出アイデア | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

ジューンブライド(June bride)の意味とウエディング演出アイデア

ジューンブライド(June bride)の意味とウエディング演出アイデア

6月の結婚式、ジュ―ンブライド(June bride)の意味ってしっていますか。

今回は皆さんが一度は聞いたことがあるジュ―ンブライド(June bride)について紹介します。

ジュ―ンブライド(June bride)とは?

ヨーロッパでは古くから6月に結婚をする花嫁は幸せになると言い伝えられています。

ギリシャ神話では、結婚や出産を司る女神『Juno(ジュノ)』の月が6月であることから、6月に結婚をすると生涯幸せになるとも言われています。

ヨーロッパでは、3月から5月は、農業の妨げになることから結婚が避けられています。その為、結婚をまったカップル6月に結婚式を挙げることが多く6月が人気という説もあります。

 

日本の6月は、梅雨の季節にあたり雨が多い季節になりますが、海外では乾季に入っている国が多く、とても心地良い気候で結婚式を挙げる事ができます。

海外で結婚式を挙げられる方は、最高の結婚式を行えるでしょう。

 

6月のジューンブライド(June bride)の結婚式

雨の多い6月にジュ-ンブライド(Jone bride)を叶えよう。

 

☆ ジューンブライド(June bride)6月に入籍をする(婚姻届出)

6月に結婚式を挙げるのがジューンブライド(June bride)とよく言いますが、『結婚式』か『入籍』なのかは正式な決まりはありません。ですので、6月のジューンブライド(June bride)に入籍(婚姻届)でも問題はありませんので、結婚式と入籍の日を分けるのもアイデアですね。

 

☆ 雨の日でも安心な結婚式場を選ぶ。

結婚式場には天候に左右されない結婚式場もあります。雨の日でも天気のいい日に挙げる結婚式と変わらないフラワーシャワーなどの演出が可能な会場があるのでジューンブライド(June bride)に結婚式を挙げる方は、参考にして下さい。

☆ 海外で結婚式を挙げる

日本の6月と言えば雨の多い梅雨時期ですが、海外では換季のとても気候の良い国があります。6月に海外での結婚式はお勧めですね。

 

6月のジューンブライド(June bride)のフラワーアレンジ

6月の花といえば『紫陽花(あじさい)』です。

結婚式にはかかせないブーケや会場装飾花などにつかっての演出も素敵です。

紫陽花(あじさい)は、小さな花が集まっている事から「家族団らん」「友情」「仲良し」という花言葉があります。いろいろなカラーの花があるのも魅力ですね。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

定休日:火曜日

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032