婚約指輪を着けるタイミングは「結納後」からがいいの? | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

婚約指輪を着けるタイミングは「結納後」からがいいの?

婚約指輪を着けるタイミングは結納後から?

彼から婚約の証として贈ってもらった婚約指輪(エンゲージリング)は彼から彼女に贈られる物ですね。その贈られた婚約指輪を身に着けていいタイミングはいつがベストでしょう。もらって直ぐに着けていいものなのか、それとも「結納」という行事後からなのか、そんな疑問について紹介してみます。

日本には「結納」という行事があります。

まずは、「結納」についてご説明いたします。結納とは、日本古くから結婚を決めたことを公の場で正式にお披露目する儀式の事です。結納では、結納金や結納記念品などを準備します。そのお披露目「結納」で両家の顔合わせなどを行うことも多くあります。

 

【結納後から婚約指輪を着ける。】

本来は結納から婚約指輪をお披露目するのが一般的でした。結納で新郎から新婦へ婚約指輪が贈られ婚約の証明とされていました。彼から婚約指輪(エンゲージリング)をもらっても結納まで身に着けず自宅で保管しておきます。しかし、最近では「結納」の行事が簡素化され結納という正式な儀式をされない方が多くなってきています。

 

婚約指輪(エンゲージリング)を彼が彼女に内緒で用意して「サプライズプロポーズ」で婚約指輪を彼女に贈る男性が最近では一般的に行われています。実際に結納前に彼から婚約指輪を贈られた女性は多いと思われます。彼からもらった婚約指輪は早く着けたい!と思うのは普通のことです。結納まで身に着けれないのは残念ですよね。今では、結納まで身に付け、結納の時に箱に戻し結納をされる方も多くおられます。

 

【結納の前に彼に婚約指輪を預けましょう。】

彼から婚約指輪を贈られてから、近い日にち「結納」や「両家の顔合わせ」があるのでしたら、出来るだけ彼に贈られた婚約指輪は預けておきましょう。正式な「結納」や「両家食事会」で婚約指輪をお披露目する昔からの決まりをふたりがすると、彼のご両親や親せきの方にも喜んで頂けるのではないでしょうか。

ご両親や親せきの前でお披露目することで、ふたりの結婚に対する意識を示すことも出来ます。

彼から贈られた婚約指輪は「結納」や「両家顔合わせ」までいっぱい身に着けて、結納などの行事前に彼に婚約指輪を預ける事をおすすめします。

 

【婚約指輪を結納や顔合わせ前に綺麗にしておく。】

一般的な婚約指輪はダイヤモンドリングです。婚約指輪に使われる金属素材にはプラチナやゴールドが使われています。プラチナやゴールドといった金属素材は比較的柔らかく普段使いしていると小さな小傷や大きな傷や汚れがつきます。ダイヤモンドについた汚れや金属についた汚れは、ご自分でも落とす事ができますが、傷は自分で消すことはできません。指輪を見て傷があるようなら、婚約指輪の購入店や街のジュエリー店に持っていくと1週間から2週間の預かりで新品同様ピカピカにしてもらえます。

 

婚約指輪や結婚指輪は定期的なメンテナンスを行う事で長く綺麗に保つことができます。

リング表面の油分を落とすだけでもダイヤモンドや金属に輝きが戻ります。婚約指輪や結婚指輪を手に取りたまにチェックしてくださいね。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032