婚約指輪 / ダイヤモンド選びで大切なポイントと注意点とは。 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

婚約指輪 / ダイヤモンド選びで大切なポイントと注意点とは。

ダイヤモンド選びで大切なポイントとは。

結婚を申し込む際に贈る婚約指輪(エンゲージリング)や結婚を申し込み、彼女と一緒にジュエリー店に行き彼女に贈る婚約指輪、オーダー婚約指輪を作る際に必要なのはダイヤモンド選びです。

このダイヤモンド選びによって選ばれたダイヤモンドをセットすることによって出来上がった婚約指輪の輝きが大きく違ってきます。婚約指輪を作るうえでダイヤモンド選びは最も大切な工程になります。

そこで、今回はダイヤモンドの品質について少し紹介したいと思います。是非、参考にして下さい。

【 ダイヤモンドの品質を表す4C 】

ダイヤモンド輝きや美しさを証明するものに「4C」という評価基準で表されます。

4Cとは、ダイヤモンドの色合いを表す「Colorカラー」、ダイヤモンドの透明度を表す「Clarityクラリティ」、ダイヤモンドの重さ(大きさ)を表す「Caratカラット」、ダイヤモンドのプロポーションを表す「Cutカット」で評価されます。4Cとは、その「Color・Clarity・Carat・Cut」の頭文字の4つの「C」をとって4Cと名前付けされています。

・「Colorカラー」・「Clarityクラリティ」

・「Caratカラット」・「Cutカット」

 

その4Cの中で、今回はダイヤモンドの透明度を表す「Clarityクラリティ」について紹介します。

クラリティとは、ダイヤモンドの内に取り込まれた内包物やダイヤモンドにある傷がどのくらい目で確認できるかを表します。Clarityクラリティの評価には、FL(フローレス)、IF(インターナリーフローレス)、VVS(ベリーベリースライトリーインクルーデット)、VS(ベリースライトリーインクルーデット)、SI(スライトリーインクルーデット)、I(インパーフェクト)の段階に分けられます。

 

・FL(フローレス)

10倍のルーペで確認しても、全く傷や内包物が確認できない。

・IF(インターナリーフローレス)

10倍拡大しても傷や内包物が確認できないが、外部に極微細なキズがある。

・VVS(ベリーベリースライトリーインクルーデット)

10倍のルーペで確認すると、内包物や傷を確認するのが困難

・SI(スライトリーインクルーデット)

内包物や僅かなキズが含まれている。

・I(インパーフェクト)

肉眼で発見できる内包物や僅かなキズが含まれている。

 

ただし、忘れてはいけないのが、ダイヤモンドは人工物ではなく、天然の鉱石です。

炭素粒の内包物や傷を全く完全に防ぐことはできません。

見た目のダイヤモンドが美しく輝いていてもダイヤモンドを拡大してみるとダイヤモンドに取りもまれた内包物や傷が確認でき、その評価がクラリティでランク付けされています。

 

婚約指輪として使われるダイヤモンド選びのうえでは、目で見て確認できないVS2クラス以上なら、全く問題なく美しく輝いてくれます。

【 気を付けてほしいポイントは 】

ダイヤモンドを選んでいる時に、内包物は輝きに影響しますが、最も気を付けて選んでほしいポイントは傷です。

傷がダイヤモンド欠けの始まりにもなります。更に、強い衝撃で割れてしまった例もありますので、ダイヤモンドを選ぶ時には、ルーペや顕微鏡などでしっかり確認しましょう。

 

ダイヤモンドに付属している鑑定書だけで判断するのではなく、自分の目で確認する事をお勧めいたします。

彼女にとって一生の宝物、婚約指輪。とことん追求して納得のいく美しいダイヤモンドをお選びください。

 

 

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032

営業時間 : 11:00~20:00