結婚式で使う、結婚指輪をのせるリングピローとは? | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

結婚式で使う、結婚指輪をのせるリングピローとは?

結婚式で使う、結婚指輪をのせるリングピローとは?

結婚式の時、ふたりの大切な結婚指輪(マリッジリング)を置く専用クッションの事をリングピローといいます。

古代エジプト時代から宝石台として使われるようになり、ヨーロッパでは貴重品を献上する際に宝石を置くクッションとして使われ、その文化が結婚式でも一般的に広まり、結婚指輪を運ぶ際に置くリングピロースタイルが定着してと言われています。

 

欧米スタイルでは、ふたりの結婚指輪を運ぶリングベアラーがリングピローを持ち、花嫁と一緒に入場するスタイルもあります。なんとなく海外ドラマなどで見覚えがある方もおられるかも。

リングベアラーは、10歳あたりの男の子が選ばれるのが一般的のようです。

リングベアラーが運ぶ結婚指輪は、サンプルリングを使い、実際の交換の時には、実物の結婚指輪と交換して入れ替えます。

リングベアラーを依頼しない結婚式では、祭司が結婚指輪をのせたリングピローを運び手渡します。

 

【 思い出に残るオリジナルリングピロー 】

リングピローのリボンには、「約束」を意味します。

ヨーロッパでは、リボンをひとつに結ぶ事は、ふたりの愛の誓いとされ、結婚の「約束」の意味とされてきました。

最近では、既製品のリングピローではなくイメージに合ったリングピローを手作りする方も増えてきています。

オーソドックスなクッションタイプからお花で作られたリングピローや和テイストのリングピローまで、ふたりの結婚式に合わせるのも特徴です。

さらに、ドレスにあったリングピローを選ぶのもとてもオシャレですね。

 

 

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032

営業時間 : 11:00~20:00