ダイヤモンドが留められた結婚指輪のメリットとデメリット。 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

ダイヤモンドが留められた結婚指輪のメリットとデメリット。

結婚指輪にダイヤモンドは留められていますか?

ダイヤモンドの指輪と聞いてイメージしやすいのは、婚約指輪(エンゲージリング)だと思います。

ですが、近年ダイヤモンドが留められた結婚指輪(マリッジリング)も主流になっています。

「ダイヤモンドが留められた」といっても婚約指輪のような、大きい一粒ダイヤモンドではなく、さり気なく小さなダイヤモンドを一石からたくさん贅沢に留められた華やかなリングまで、バリエーションは豊富にあります。

結婚を決め、一生身に着けていく結婚指輪にダイヤモンドで飾られたリングを選ぶかシンプルなリングを選ぶか意外に迷うところです。

ダイヤモンドを留め美しく飾られた結婚指輪と何も留められていないシンプルなリングの良いところ(メリット)と不便なところ(デメリット)についてお話していきたいと思います。

 

 

【ダイヤモンドが留められた結婚指輪の良いところについて】

ダイヤモンドで飾られた結婚指輪の良いところは、やっぱりその美しさと言えるでしょう。

シンプルなリングもダイヤモンドを留めることで華やかになり指元で美しく輝いてくれます。

女性にとっては、憧れで、身に着けることで気持ちが明るくなるという方もおられます。

ダイヤモンドを留められたリングといっても、様々なバリエーションがあります。

贅沢に留められたリングや二,三粒並べて留めたり、一粒ダイヤモンドのシンプルなリングまであります。

ダイヤモンドの数によって見え方に違いがありますので、自分の指にあったリングデザインを選びましょう。

 

【ダイヤモンドが留められた結婚指輪の不便なところ】

ダイヤモンドが留められた結婚指輪には、デザインにとっては引っ掛かりやすく普段使いには不向きなリングもあります。

リングよりダイヤモンドが出ているリングは、衝撃などでダイヤモンドが緩み外れてしまう危険なところもあり注意が必要です。

また、ダイヤモンドが留められている表面には汚れが溜まりやすく、定期的なクリーニングなどのメンテナンスが必要になってきます。

ダイヤモンドが留められた結婚指輪を選ばれるのであれば、ダイヤモンドの留め方には気を付けてお選びください。

 

【ダイヤモンドなしのシンプルなリングの良いところ】

ダイヤモンドが留められていない分、上記の心配はまずありません。

引っ掛かりもないので毎日身に着けていてもノーストレスと言えるでしょう。

また、彼と全く同じペアリングを選ぶ事ができる嬉しいポイントで人気な理由です。

 

【ダイヤモンドなしのシンプルなリングの不便なところ】

不便なところは何もありません。

ただ、ひとつ言えるのはシンプル過ぎるのは、少し物足りないといった声はよく聞きます。

なので、シンプルリングにダイヤモンドの装飾ではなく、ミル打ちや艶消し加工などの加工を組合わせて個性を出してもいいと思います。

また、最初はシンプル結婚指輪を選び後からダイヤモンドなどのアレンジを加えることも可能ですので、その点もシンプルリングを選ぶポイントにしてみてはいかがでしょうか。

 

結婚指輪は、一生身に着けるアイテムになります。

よく見て、よく選び、ご自分の指にあった長く愛せる指輪をお選びください。