皆さん知ってる?婚約指輪と結婚指輪の違いって。 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

皆さん知ってる?婚約指輪と結婚指輪の違いって。

皆さん知ってる?婚約指輪と結婚指輪の違いって。

婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)は違うの!?って疑問をお持ちの方は少なからずおられると思います。

大切な人へ送る指輪、サプライズでプロポーズリングを渡したいけど、どんなデザインのリングを選び渡せばいいのか気になりますね。

人とは違った物を選びたいけど的外れな物ではダメです。

男性でもちゃんと婚約指輪と結婚指輪の違いは知っておきましょう。

【 婚約指輪 】

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

まずは、婚約指輪(エンゲージリング)についてお話します。

婚約指輪とは、大切な人へ結婚を申し込む際に贈るリングを婚約指輪といいます。

この指輪は、男性から女性へ贈る指輪で、一般的には永遠の輝きを放つダイヤモンドリングを贈られる方が多いといえるでしょう。

ダイヤモンドの他には、彼女の誕生石付きのリングを贈られる男性もおられます。

結婚の決意としてプロポーズで大切な人へ贈りたいですね。

 

【 結婚指輪 】

結婚指輪(マリッジリング)は、結婚したふたりが結婚の証として指に通すリングが結婚指輪(マリッジリング)です。

ふたりの結婚式でリングを交換して、愛を誓います。

結婚式後も夫婦の証明として、左手の薬指に通します。

結婚指輪は普段の生活でも身に着けたまま過ごされる方が多く、日常的につけるのが結婚指輪になります。

 

【大切な人へ送る婚約指輪はどんなリングを選べばいいのか。】

誕生石やカラーストーンの婚約指輪を贈られる人もおられますが、婚約指輪の主流はやっぱりダイヤモンドといえるでしょう。

ダイヤモンドの美しさは女性にとっても憧れでもあると思います。

ダイヤモンドの透明感は純潔と表し、その美しさは、永遠に輝き、ふたりの愛の証と言われています。

また、最も硬い鉱物といわれ「強く硬い絆」と言われています。

婚約指輪の相場は、昔はCMなどの影響からお給料の3か月分と言われていた時代もありますが、現在はそんなことはありません。

ダイヤモンドの時代と共に価格が適正価格に維持され、安いもので10万円前後からでも婚約指輪を購入する事ができます。

一般的には20万円から30万円代が多いと言われています。

選ばれたダイヤモンドの大きさ(カラット)のよって違いますが、婚約指輪で人気なデザインは結婚指輪との重ね付けしやすい、シンプルな婚約指輪が人気でしょう。

リングの差材はプラチナ(PT)、ゴールド(YG,PG)が一般的によく選ばれる素材になります。

これから、大切な人へのプロポーズを正確で婚約指輪(エンゲージリング)を探される方は、ご予算を決め指輪選びの準備をして下さい。

 

【お店に行けば直ぐに購入できるの?】

もちろん、既製品で彼女のサイズにあった在庫があれば購入できるでしょ。

ただし、お店によってはオーダーメイドで制作するお店もあるので余裕をもって指輪選びされるのをお勧めします。

オーダーメイドの場合、彼女のリングサイズにあった指輪を作る事ができ、指輪の内側にメッセージの刻印も入れることが出来ます。

プロポーズされる、約1カ月前から2ヶ月前には、お店に相談すると安心ですね。