婚約指輪に留めるダイヤモンドの選び方 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

婚約指輪に留めるダイヤモンドの選び方

婚約指輪に留めるダイヤモンドの選び方

婚約指輪(エンゲージリング)というと、女性の憧れダイヤモンドですね。

男性にとっては一世一代のプロポーズには欠かせないアイテムといえるでしょう。

大切な人へ送る婚約指輪(エンゲージリング)彼女が喜んでもらえるか心配ですね。

どのような基準でダイヤモンドを選ぶと喜んでもらえるかダイヤモンドの選び方を紹介していきたいと思います。

まずは、よく選ばれる日本人に人気なカラット(carat)について。

ダイヤモンドの品質を評価する4Cの中でカラット(carat)はダイヤモンドの重さを表します。

「重さが=大きさ」とされています。基本的にダイヤモンドの直径0.5ctが(5.1mm)、0.4ct(4.8mm)、0.3ct(4.3mm)、0.2ct(3.8mm)とされています。

その中で、日本人の指に合い、選ばれる人気なカラット(carat)は0.2ct代が人気です。

最近では普段使いをしたいという女性が増えてきています。

0.2カラット(carat)であれば、ボリュームもなく普段使いしやすいのが人気の理由といえるでしょう。

近年の傾向では、0.3ct代も比較的よく選ばれています。

0.3ctだと、女性の指に通すと大き過ぎず、小さすぎず、ダイヤモンドの存在感を保ちながら日常使いしやすい大きさです。0.3ct代も人気なカラット(carat)といえます。

ダイヤモンドが決まれば、そのダイヤモンドを支えるリング枠のデザインになります。

リングデザインによってダイヤモンドの見えかたや身に着けた時の見え方も違ってきますのでデザイン選びも重要だといえます。

まとめると、婚約指輪(エンゲージリング)選びは、まず、ダイヤモンド選びからになります。

ダイヤモンドの品質を表す4Cについて学び、予算にあったダイヤモンドを選びます。

ジュエリー店で詳しく相談してみて下さい。ダイヤモンドが決まれば、リング枠デザイン選びになります。デザインもダイヤモンドのカラット(carat)にあったデザインにしましょう。

ここで、紹介した婚約指輪(エンゲージリング)ダイヤモンドの選び方を参考にして彼女に喜んでもらえるダイヤモンドを選んで下さいね。

 

 

◆ 手作り結婚指輪や婚約指輪なら神戸元町の atelier ROE

◆ 神戸元町のブライダルジュエリー専門店は TRESOR