手作り結婚指輪で夫婦別々のデザインにするのはアリ? | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

手作り結婚指輪で夫婦別々のデザインにするのはアリ?

手作り結婚指輪で夫婦別々のデザインにするのはアリ?

結婚する前や結婚した後に手作りで作られる結婚指輪(マリッジリング)、結婚指輪は一般的に夫婦ペアで制作するのか?

夫婦で好みが分かれてしまう事がよくあります。

男性は少しボリュームあるデザインを希望し、女性は細めのデザインを希望するなど様々な好みに分かれてしまいます。

せっかくの一生物の結婚指輪(マリッジリング)なんで、妥協なく好きなデザインの結婚指輪を作りたい!

と思う気持ちは、お互い自然な気持ちだと思います。

夫婦違ったデザインの結婚指輪を作るのはアリでしょうか?

手作りする結婚指輪や既製品の結婚指輪は夫婦別々のデザインを選ばれても大丈夫です。

全く問題はありません。

結婚指輪を作る方や選ばれるデザインは夫婦違ったデザインの結婚指輪を作り選ばれる方は多くおられます。

デザインにこだわりがある方は全く違ったデザインを選びリングの内側の刻印などでペア感を出す方もおられます。

また、リングの形は甲丸や平内のストレートを作りアレンジなどのオプションで個性を演出する方もおられます。

例えば、ダイヤモンドやカラーストーンを留めることや、ミル打ちや艶消し加工などでアレンジするのもいいでしょう。

また、全く夫婦デザインを変えアレンジを合わせることでペアなリングに演出されるのもオシャレですね。

一生物の大切な結婚指輪なので、お互いに納得のいく結婚指輪を身に着ける方がいいのではないでしょうか。

素材を合わせることでペアな結婚指輪に見える

結婚指輪を手作りする工程は、WAX(ワックス)を削り原型を作ります。

最終的に選択した金属で仕上がってきます。

手作りする結婚指輪では、金属に加工するのはジュエリー職人の仕事になります。

夫婦同じデザインの結婚指輪でも、素材が違えば違うデザインに見えます。

その逆でデザインが夫婦違っていても素材を合わせることで同じデザインに見えます。

ただし、ストレート、V字、ウェーブなどの形を合わせることはお勧めします。

 

夫婦別々の結婚指輪でも手作りすると素敵な指輪になります。

ふたりの好みやこだわりが違うようなら手作り結婚指輪をお勧めします。

指輪の形や太さまで自由に選択することができます。手作り結婚指輪って難しい?

工房にはジュエリークラフトマンが丁寧に作り方を教えてくれるので、初心者でも思い通りの結婚指輪を作る事ができます。

制作時間は、工房によって違いますが、約2時間~3時間程度の作業時間になります。

夫婦別々の結婚指輪やこだわりを詰め込みたい方は是非、

手作り結婚指輪にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

◆ 手作り結婚指輪や婚約指輪なら神戸元町の atelier ROE

◆ 神戸元町のブライダルジュエリー専門店は TRESOR