結婚式で両親に贈るサプライズ演出アイデア集 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

結婚式で両親に贈るサプライズ演出アイデア集

  1. 結婚式で両親に贈るサプライズ演出アイデア集

結婚式は結婚する二人にとって大事なイベントです。💒

新郎と新婦にとってとっても大切な結婚式ですが、ふたりを育ててくれた二人のご両親にとっても大切な日になります。

結婚式では、普段言えない感謝の気持ちなどをサプライズの演出をプラスしてご両親に伝えてみてはいかがでしょうか。

✴ 失敗のないサプライズ演出のポイント❗

サプライズ演出を行う際に一番気を付けるポイントがご両親に「無理な負担は絶対にさせない!」こと。結婚式では、ご両親も式で出番が多くあります。両親のスピーチや入場などでご両親も緊張されていると思われます。

サプライズ演出でご両親が負担になるような事や個性を出し過ぎの演出だったりご両親も緊張している中ですと、更に疲れてしまいます。

出来るだけ、ご両親にはゆっくり二人の姿を見てもらいたいですね。

サプライズ演出では、出来るだけご両親の負担はなく、感動をお互いに感じれる演出にして下さい。

気をつけてポイントは、演出方法や言葉などでご両親が恥をかかない配慮も考えて下さいね✋

 

✴ 感動を伝えるサプライズ演出❗

ご両親に感謝の気持ちを伝える。

普段なかなか照れ臭くて感謝の気持ちを伝える事ができないと思う方は多いと思います。ご両親に「産んでくれてありがとう!」「育ててくれてありがとう!」という気持ちを伝える事ができるのが結婚式ではないでしょうか。

普段から気持ちを伝える事ができていればそれは素晴らしい事なのですが、なかなか言葉で伝えれる人は少ないかなと思います。結婚式では、後悔のないように「感謝の気持ち」を出来るだけ伝えましょう。💐

伝えて後悔する事は、絶対にないと思います。きっと良かったと思えるはずです。

 

✴ 表彰で伝える❗

男性に比べ女性は、普段からご両親と多く会話をしたり、想いを伝えれる事も多いと思われます。

女性とは対照に男性はあまりご両親と深い話も照れくさくしない方は多いのではないでしょうか。

結婚式では、新婦はご両親に感謝の手紙を書き目の前で読むという事がありますが、男性は結婚式では読むという事は少ないと思います。照れくさくて中々文にもできないという男性も少なくありません。

しかし、ふたりの結婚式で新婦だけが手紙を書く、そして読むのではなく、新郎新婦ふたりで感謝の気持ちを伝える「賞状」という形で伝える方法もあります。

賞状のタイトルは、ふたりの個性を出すのもいいでしょう。例えば感謝状や表彰状、子育て修了賞状など自由なタイトルを付け気持ちを伝えるのもとても素敵です。

・感謝状

・表彰状

・子育て終了賞状

いままで育ててくれてありがとうの気持ちを伝えます。

幼いころのエピソードなどを取り入れ感謝の気持ちを書くのもいいですね。✨

その賞状を渡すときは、表彰しているような雰囲気で読みお渡し演出して下さいね。👏

 

✴ 動画で伝える演出❗

直接手紙を読む演出が苦手な方には、撮影した動画を見てもらう演出もとても良いでしょう。

自然な流れから、実はご両親へのサプライズ動画を流すなんてとても感動的で素敵ですね。

動画では、幼いころの写真やメッセージなども追加して演出できるので、感動するのではないでしょうか。📹

 

✴ まとめ

いくら結婚式だからといってご両親に感謝の気持ちを伝えるのは、抵抗があるかたは多いと思います。

しかし、気持ちを長く話すのではなく、一言の気持ちで相手の心には残りとても嬉しいことです。想いを伝えるという事は、決して恥ずかしい事ではありません、気持ちを伝える機会があれば、その機会を逃さず是非伝えてみて下さい。

お互いにとっても一生の思い出に残りますし。とっても価値のある事になると思います。

是非、サプライズの計画を立て、一生に一度の素敵な結婚式にして下さいね。👏

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032