結婚指輪はどうして左手の薬指につけるの? | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

結婚指輪はどうして左手の薬指につけるの?

結婚指輪はどうして左手の薬指につけるの?

薬指につける結婚指輪を「どうして左手の薬指に?」と思った事はないですか?

よく調べてみると「左手、薬指」につける意味の大切さがよくわかってきましたので

少しご紹介したいと思いますが、その前に、結婚指輪を交換する歴史についてお伝えします。

起源古代ローマ時代の皇帝が結婚の誓いの証として鉄の指輪を贈ったことからだと言われています。

強い鉄は「愛の強さ」を表すとされて鉄の指輪が贈られたそうです。

その後、結婚式を教会で挙げる習慣が伝わり、結婚指輪の交換が行われるようになったようです。

それが、少しずつ日本に伝わったようです。

ここからは、結婚指輪を左手の薬指につける理由を紹介します。

古代ギリシャでは心臓は心を司るといわれ、左手の薬指は心臓とつながっているので心を繋ぐといわれ左手の薬指に指輪をつけるようになったと言われています。

心臓に近い左手の薬指は心とつながっていると考えられたのでしょう。

ヨーロッパでは、指輪は愛情を意味するとされ、指輪を薬指につけるようになったようです。

ご結婚前に結婚指輪の歴史や左手の薬指につける意味をしっておくとご自分の結婚式の指輪の交換の際に想いを込めて素敵な式を迎えられると思います。

パートナーにも夫婦円満になるように教えてあげて下さいね。