指輪を着ける指によって意味が変わる? | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

指輪を着ける指によって意味が変わる?

みなさんが何気なくはめている指輪が着ける指によって意味が違うのは知っていますか?

例えば「婚約指輪や結婚指輪は左手薬指に着けるもの」と多くの方が思っていませんか?でもなぜ左手薬指にはめるのでしょうか?

婚約指輪や結婚指輪以外にもファッションリングでも知っているとタメになる!はめる指それぞれの意味などについてご紹介します。

 

婚約指輪・結婚指輪は左手薬指にはめるのが決まりなの?

 

「婚約指輪や結婚指輪は左手薬指に着けるもの」と多くの方が思っているかと思いますが、絶対にそうしないと幸せが逃げる…などそういう事ではありません。

古代ギリシャでは、左手薬指が心臓に繋がる血管があり、「相手の心を掴む」と言い伝えられてきました。

それが現代でも根強く残り左手薬指にはめるのが一般的になりました。なので、左手薬指じゃないとダメという決まりはありません。

ですが、結婚式の指輪交換の儀式では必ずお相手の左手薬指にはめることになります。

そのため婚約指輪を普段左手薬指にはめている方は、あらかじめ右手薬指に変えておきましょう。

婚約指輪は結婚指輪の上からはめることによって、「永遠の愛」を封じ込めるとされています。

 

その他には、利き手の割合が右利きの方が多く、その中でも左手薬指が日常生活でも使うことが少ないため指輪の傷が付きにくかったり、指を負傷する可能性が低いという説もあります。

 

国によっても異なる??

 

日本でも指それぞれに意味があるように、世界各国にも違った意味が存在するので、左手薬指以外にも指輪を着ける場合があります。

たとえば北欧では宗教の関係で右手薬指に結婚指輪をはめ、左手薬指に婚約指輪をはめるのが一般的になっています。

またインドや東南アジアなどでは、靴を履く習慣がなく日頃から足の指に指輪を着けることから、結婚指輪も足の指に着ける習慣があります。

 

このように世界の国々でそれぞれはめる指に違いがありますので、日本だからといって左手薬指にはめないといけない訳ではありません。

左利きの方や仕事柄右に着けてる方がいいなどいろいろ事情があると思いますので、自分に合った着け方をしましょう!

 

— それぞれの指が持つ意味とは 

 

指それぞれにも意味がありますが、大まかにも右手には「集中力を高める」、左手には「チャンスを掴む」とされています。

そしてそこから指それぞれにも意味が細かくあるとされています。

 

『右手』

親指 リーダーシップ

人さし指 集中力/行動力

中指 インスピレーション/邪気を払う(お守り)

薬指 心を落ち着かせる・安定させる

小指 魅力・自分らしさをアップ

 

『左手』

親指 信念を貫き思いを実現させる

人差し指 積極性/心の安定

中指 直感とひらめき/人間関係をよくする

薬指 愛や絆、心を深める

小指 恋を引き寄せる/願いを叶える

 

はめる指によって意味がたくさんあるので、ファッションとして楽しむ以外にも、自分の人生の大事な瞬間のゲン担ぎとしてはめてみても良いですね!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

神戸元町トアウエスト/ 手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE(アトリエロエ)

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

定休日:火曜日  営業時間 : 10:00~18:30

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR(トレゾア)

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032

定休日:火曜日  営業時間 : 11:00~19:30

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆