チタン製の指輪やステンレスの指輪の主な特徴と注意点 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

チタン製の指輪やステンレスの指輪の主な特徴と注意点

チタン製の指輪やステンレスの指輪の主な特徴と注意点

▲ チタンの主な特徴について

チタンの主な特徴といえば、『強くて、軽くて、錆びない』この3つがチタンの主な特徴と言えます。

『強い』 ・ 『軽い』 ・ 『錆びない』

 

『強い』チタンの変形する温度は885%です。

熱に強い金属といえます。その他、しなやかに戻ってくる力は、鉄に比べると約倍の力があります、チタンは変形しにくく曲げても戻る力が強い金属と言えます。

『軽い』チタンの軽さは、鉄の3分の2程度で銅に比べると約2分の1程度になります。チタンは密度が少ないので軽い金属になります。

『錆びない』チタンは「鉄・銅・アルミニウム」に比べると錆びにはとても強い金属です。塩酸や硫酸にも強く、とけにくい金属になります。

 

■ チタン製のメリットについて

 チタンは空気に触れると、酸化被膜を作り、汗などで金属を溶かす心配がないので、アレルギーを起こすことが比較的少ないとされています。そのため、医療器具でも取り入られ人工関節や人工骨、ペースメーカーなどでも使われています。

さらに、チタンで作られた指輪を温泉や海水などでも錆びる心配や変色の心配もありません。

・アレルギーを起こしにくい

・錆びない

・変色しない

 

■ さまざまな色の指輪が作れる。

 チタンは銀色ですが、着色が加工でいろいろな色を楽しめます。個性的な指輪がお好みの方は、チタン指輪に着色して個性を出してみてはいかがでしょうか。

 

■ チタン製で作られた指輪のデメリットについて。

 チタン製の指輪のデメリットは、金属の希少価値が低い金属になります。結婚指輪や婚約指輪で主に使われる金属PT(プラチナ)1g約4000円に対してチタンの1g単価は約0.15円になります。PT(プラチナ)と比べると2万分の1以下になります。

■ サイズ直しが出来ない

 チタン金属の特徴には、サイズ直しが困難な金属になります。結婚指輪や婚約指輪は一生物です。歳を重ねると指のサイズが変わる場合があります。ですが、チタン製で作られた指輪はサイズ直しが出来ません。もし、チタン製の指輪を購入する場合は、指のサイズは慎重に測り指輪選びをしましょう。

手作り指輪工房atelier ROEでは、手作り結婚指輪や手作り婚約指輪、ハワイアンリング、ベビーリングの素材で使う事は出来ません。

 

■ タングステンの指輪

 最近注目を集めている金属があります。「タングステン」「ステンレス」製です。

金属でのアレルギーを起こしにくいと言われ、チタンと同様に注目を集めています。比較的安価で購入することが出来る金属の為、お付き合いしているカップルのペアリングなどでもよく使われています。

しかし、金属の毒性を心配しる方も少なくないようです、金属の情報が少ない為、あまりよく分かっていない部分があるようです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房🔨🏡

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

定休日:火曜日

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店💍💎

TRESOR

定休日:火曜日

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032