手作り結婚指輪制作風景 / 神戸市からご来店 NAOKI & SHIZUKA 様 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

info 新着情報

手作り結婚指輪制作風景 / 神戸市からご来店 NAOKI & SHIZUKA 様

こんにちは。手作り指輪工房atelier ROEの平井です。

先日、手作り結婚指輪の制作をして頂いたお客様

神戸市からご来店くださいました、NAOKI様、SHIZUKA様の手作り結婚指輪制作風景と加工前のWAXを紹介します。

制作前の打合せで、おふたりの結婚指輪のデザインを決めていきます。

お作りする結婚指輪のデザイン、リング幅、リングの厚みなど細かい所までふたりのこだわりを詰め込んでいきます。そしてふたりの希望をデザイン画にしてイメージをかためます。

今回ふたりが制作する結婚指輪は、男性用はボリュームある「ねじれたフォルムのプラチナリング」と女性用は細身の若干「Vラインのプラチナリング」に決定しました。

まず、最初の工程は、リーマという専用の工具を使い、おふたりの指輪のサイズまで、WAXを削ります。リングのサイズを測るリング棒に通し確認しながら丁寧に削ります。

次の工程は「カット」、余分なWAX部分をノコギリで切り落とします。WAXには、リングになる部分にラインを引いているのでラインより内側を切り落とさないように丁寧にゆっくりカットしていきました。

専用のヤスリを使い、WAX表面を削ります。ヤスリには太めの平内ヤスリ、甲丸ヤスリ、細目の平内ヤスリ、甲丸ヤスリを使います。

男性用の結婚指輪のデザインは、「ねじれリング」なので好みの厚さまで削ってから、細目甲丸ヤスリを使いWAXを斜めに間隔をあけ縦に削っていきます。けっこう難しい作業ですが、焦らずゆっくり丁寧に削っていくとイメージ通りの形になっていきます。

リューターを使い「ねじれたラインフォルム」を作っていきました。前回のヤスリで使いWAXを削ってねじれを作っていましたが、今回はリューターという道具をプラスして作業して頂きました。研磨道具が付いたリューターを使い削ります。この作業は、氷の彫刻のようなイメージをして頂くと分かりやすいかなと思います。

女性用のリングデザインは、若干のV字ラインにWAXを削ります。好みの厚みまで削ってから細目のヤスリを使い、丁寧にVラインを作っていきます。

ここからの作業は、リングの内側を丸く削る「内甲丸作業」になります。内側をリーマで削った状態のままだとWAXに角があり、そのまま鋳造すると内側に角があるリングが出来あがってきます。そこでWAXの状態の時に甲丸ヤスリを使い角を落とす「面取り」をして丸くしておくと、肌なじみの良いリングになりますので、この作業は、大切な作業になります。

WAX削り作業が終わってからは、おふたりの結婚指輪の内側に入る「刻印の文字」と内側に留まる「誕生石」の配置を決めて頂きます。

刻印機を使って内側にアルファベットや数字を彫ります。

刻印機を使い職人が一文字づつ丁寧に彫っていきますが、刻印機での刻印文字は無料です。さらに、内側に留める誕生石も「石代+留代」無料でさせて頂きます。

こちらが、おふたりがお作りになられた世界にひとつの結婚指輪の原型になります。男性のリングはプラチナ素材で作られ黒く塗っている部分にピンクメッキがはられます。女性用のリングは、同じプラチナ素材で作られリング中央より左側をピンクメッキがはられます。

世界にひとつの結婚指輪の原型はこのように作られていきます。この原型を模り鋳造されプラチナ素材の結婚指輪が作られます。熟練の職人が丁寧に制作していきます。

atelier ROEでは、おふたりの手作り結婚指輪制作風景の写真や動画を撮影してオリジナルDVDを作り結婚指輪のご納品時に一緒にプレゼントしています。

出来上がりを楽しみにお待ちくださいね☆

ありがとうございました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032