素敵なジンクスと一緒に迎える結婚式 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

column コラム

素敵なジンクスと一緒に迎える結婚式

 

愛する人との生涯の愛を誓う結婚式。そんな結婚式にはたくさんの幸せになれるジンクスがあるのをご存じですか?

たくさんあるジンクスの中から今回は、花嫁が結婚式当日に身に付けることで、幸せになれるといわれている「サムシングフォー」をご紹介します!

気持ちを前向きにしてくれる素敵なジンクスなので、ぜひ取り入れてみて下さい!

    

サムシングフォーとは?

    

花嫁が身に付けることで、幸せになるといわれているジンクスです。欧米の結婚式の定番ですが、

近年では、日本でも取り入れる花嫁が増えています。これは【マザーグース】の童謡の一節である、

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの、そして靴の中には6ペンス銀貨を

が元になっています。

    

サムシングオールド  — なにかひとつ古いもの —

代々受け継がれてきたものや、母や祖母が身に付けていたものをもらい、身に着けることにより、家族に受け継がれる絆を表します。

二人と家族を結びつけ、幸福な結婚生活が長く続くためのお守りという意味を持ちます。

    

サムシングニュー  —なにかひとつ新しいもの—

新しく購入したものは“幸せ”と“これからの新生活”を表します。

新たな決意ということから、純粋なまっさらな気持ちを表す、白いものを新調するのが一般的です。

ウエディングシューズや手袋など、1部分で大丈夫です。

   

サムシングボロウ  —なにかひとつ借りたもの—

すでに結婚している友人などからものを借り、その幸せにあやかるという意味があります。

周りの人との縁を感じられるジンクスですね。

    

サムシングブルー  —なにかひとつ青いもの—

聖母マリアのシンボルカラーで信頼と忠誠を表します。

指輪の内側に青い石を留めたり、ブーケに1輪だけ青を入れたりと、あまり目立たせず、さりげなく取り入れるのがおすすめです。

   

この4つをまとめて「サムシングフォー」と呼び、結婚式で花嫁が身に付けることで、幸せになれると言い伝えられています。

また、サムシングフォーの由来となった、童謡一節の最後“6ペンス銀貨”もジンクスの1つです。

「花嫁の左靴の中に6ペンス銀貨を入れて結婚式を挙げると、経済的にも精神的にも豊かな生活を送ることができる」とされています。

ただこの銀貨はもう発行されていないので、レプリカやシルバーコインで代用する方が多いです。

    

まとめ

今回は、花嫁が身に付けることで幸せになるといわれるジンクスをご紹介しましたが、

なにか自分たちが大切にしていることなどを考え、それに合うジンクス1つを取り入れるのも良いですね。

また、普段おまじないなどにあまり興味がない方も、この日だけは、幸せになれるジンクスを結婚式に取り入れて、一生に一度の素敵な結婚式をむかえましょう。

    

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

神戸元町トアウエスト/ 手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE(アトリエロエ)

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

定休日:火曜日  営業時間 : 10:00~18:30

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR(トレゾア)

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032

定休日:火曜日  営業時間 : 11:00~19:30

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

手作り指輪工房

神戸元町彫金工房

URL : https://kobe-tyokin.com/

TEL : 078-333-8084

定休日:火曜日  営業時間 : 11:00~19:00

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆