手作り結婚指輪 制作風景 / 京都府からご来店 FUMITAKA & AYAKA 様 | 手作りの結婚指輪や婚約指輪なら 神戸のatelier ROE

info 新着情報

手作り結婚指輪 制作風景 / 京都府からご来店 FUMITAKA & AYAKA 様

こんにちは。

手作り指輪工房atelier ROEの平井です。

atelier ROEでは、世界にひとつのオリジナル結婚指輪や婚約指輪、ハワイアンリング、ベビーリングなどを手作りで作る事ができるジュエリー工房です。🏡

さて、今回は

先日、京都府からご来店くださいました。

FUMITAKA様、AYAKA様の手作り結婚指輪制作風景とお作りして頂いた結婚指輪の原型となるロウ素材のWAX(ワックス)を紹介します。

デザインの打合せ終了の1枚📷

今回お作りして頂く結婚指輪は手作り感を残したヤスリ仕上げリングに表面にホーニング加工(艶消し)を施すオリジナルリングの制作になります。🔨

男性用は3mm幅、女性用は2.5mm幅に決定❗

それでは、作業前の恒例のエプロン着け記念撮影をして作業開始です✊

★ サイズ合わせ

リーマーという専用の道具を使いワックスの内側をくり抜き、自分の指のサイズまで削っていく作業になります。

ワックスの向きを細かく変えながら作業する事がポイントですね。サイズ棒に通しサイズメモリを確認しながらゆっくり慎重に削っていきます。

★ ライン付け

リーマーでサイズまで削り終わると、次はWAX(ワックス)の使わない余分な部分にマジックでラインをひき目印を書いておきます。✏

リングとなる部分より約1mmの感覚を開け線を引くことがここでの作業のポイントになります。

★ ノコギリ

WAX(ワックス)の使わない余分な箇所をノコギリで切り落としておきます。

ノコギリの刃は水平にして、ひいた線の部分をすべて切り落としています。

★ ヤスリ

次はヤスリ作業です✊

専用のヤスリを使いワックスの表面をきれいに整えます。凸凹が無いように肌触りの良いリング表面を作っていきます。

緊張しながらの作業の二人がとても印象的でした😃

★ 側面削り

指輪の厚みは、約1.7mmになるように慎重に削っていきます。

ワックスの削る面を上下交互に変更しながら厚みをノギスで確認しながら側面を削っていきます。

★ ヤスリ仕上げ

リングの形が出来ると、次はリング表面のデザイン模様を付けていきます。今回おふたりのお作りしている結婚指輪は手作り感を残したカジュアルなデザインなので、細かい平内ヤスリや様々な種類の専用ヤスリを使いソフトに削ってヤスリ削り模様を付けていきます。

ヤスリで表面を削りながら表面に角がない結婚指輪の形にしておくと引っ掛かりの無いリング💍がし上がります。

★ 原型完成

ヤスリ仕上げで作られた「世界にひとつの結婚指輪」が完成しました!👏

リングの表面は細かくヤスリ仕上げに作られ、リングの内側は甲丸ヤスリを使い内甲丸に削っています。

内側を内甲丸に削り、指輪の着け心地を良くしています。

★ 手書き刻印

手作りで作って頂いた結婚指輪に「刻印と誕生石」をセッティング箇所を決めます。

今回は、オプション「手書き刻印」をお選び頂きました。

手書き刻印とは、専用の用紙に記入して頂いた手書きの文字やイラストをレーザー彫刻機で指輪の内側に文字やイラストを彫る事ができます。

atelier ROEでは、おふたりの手作り結婚指輪制作風景の写真や動画を撮影してオリジナルDVDを作り結婚指輪のご納品時に一緒にプレゼントしています。

出来上がりを楽しみにお待ちくださいね☆

ありがとうございました。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

手作り結婚指輪や婚約指輪の工房

atelier ROE

URL : https://atelier-roe.com/

TEL : 078-945-8500

営業時間 : 10:00~19:00

 

神戸の結婚指輪や婚約指輪の専門店

TRESOR

URL : https://www.jewelry-tresor.com/

TEL : 078-333-5032